自信のない大人になる理由は小学生の時のあることが口癖だった。

Pocket

Hello!

奈良市菖蒲池の子ども英会話教室、Iris 英会話 ClubのTaishiです!

 

 

 

【「出来ない」、「無理」という習慣が付いている小学生】

 

 

少しわからないことがあると

「無理!」

「出来へん!!」

 

これは早く治しておきたい癖なんです

 

だってこれらの言葉は子どもの自身を奪ってしまって将来自信のない大人になってしまうからです

 

けれどまずは「難しい」という言葉から置き換えるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【英会話教室以外でもこれらを言う小学生が必ずいます】

 

 

そんな時に僕はいつも

「無理って言わへんの~」

と伝えるように心がけています

 

なぜかというと無理、出来へんを言わせない理由はあることが子どもの頭の中で起きていて将来に大きくかかわるからなんです

 

 

 

 

 

【子どもの頭の中ではこんなことが起きています】

 

 

「わからない、出来へん、無理」と言う事によって質問に対する答えの脳の働きを終わらせ、脳に「もう考えんでいいよー」と言って、エネルギーの節約をしているんです

 

考えるのはエネルギーを使う事なので脳にとって大変なことなんです

 

「脳は答えが無い状態を嫌がる」ので、答えが見つからないと不安になって何とか答えを探そうとします

 

その時の脳は本当に必死!!

 

そして答えが見つからない状態は脳にとって「安全・安心欲求を満たす」ことが出来ません

 

それって脳にとってすごく不安な状態なんですね!

 

そのため、不安を解消するために頑張って答えを探そうとするか
「わからない」と言って、その空白、不安を無い事にして、自分自身を安心させようとします

 

なるほどー、脳ってよく出来ていますね!!

 

無いものにしてエネルギーを節約するんですね!!

 

そこで「わからない、無理」と言うことは、答えのヒントを与えてくれていたにもかかわらず

 

全否定の「わからない、無理」と言う言葉で、自分の直感、無意識からの答えを信用できない自分をどんどん作り上げていってしまう

 

 

最終的には「出来へん」、「無理」ばっかり言っていると自分自身を信用できなくなるんです

 

 

僕は自分自身を信用できる大人になってほしいと願っています

 

 

 

 

【英語を話すときにも自信を持ってほしい】

 

 

日本語英語かかわらず自信をもって人の前でしっかり話をしてほしいから

 

だから生徒には言いますよー

 

「はい、無理って言わない!!」って(笑)

 

だって生徒には自信持ってもらいたいですもんね☆

 

 

☆この記事が良かったら”いいね”や”ツイート”お願いします☆

▽奈良市の子ども英会話教室、HPはこちらをクリック▽

Facebook用ホームページバナー

Pocket


お問合せ、体験レッスンお申し込みはこちらから

070-5348-1193

新しいブログの更新を知りたい方は
Facebookページのいいねを押してください


ブログ村ランキングに参加しています。
最後にぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です