ほんとは子どもだけが原因じゃなかった。嘘をつく子どもの原因と対処法について。

Pocket

Hello!

奈良市菖蒲池の子ども英会話教室、Iris 英会話 ClubのTaishiです!

 

 

【あれ?この子さっきまでおなか痛いって言ってたのに。今はもうケロッとして遊んでる。さっきの腹痛は嘘だったの?】

 

 

子どもが塾や学校で勉強中、もしくはサッカーなどスポーツをしている時、急に頭が痛い、おなかが痛い、足が痛いと明らかに本当ではない。

 

または家のものを間違って壊して理由を聞いたらバレバレの嘘をつく、あなたのお子さんがそんなことをした経験、今までありませんか?

 

僕も子育て中のママ達には到底及びませんが英会話教室、塾、そして少年サッカーチームでコーチをしている時にそういった場面に遭遇する事があります。

 

・さっきまで頭痛くて授業中、英語の問題が出来なかったのに休憩時間中には友達と楽しそうに話している

・足が痛いって言ってサッカーが出来ないって言っていたのに帰る頃には友達と鬼ごっこをして走り回っている

・人のものを壊して僕じゃない○○が押したから!!と人のせいにする

 

 

先生、コーチとしてはママ達と同じく頭に?マークが浮かぶ瞬間です★

 

 

 

 

 

 

【なぜこんな後ですぐにばれる嘘をつくの?】

 

 

なんでかって?

 

いくつか例を挙げてみると、

 

・本当のことを言うと怒られるから

例えばお母さんの大切にしていたお皿をうっかり割ってしまった。

すると子どもからすると怒られるっ!と感じるのではないでしょうか。

誰だって怒られたくないし、まずは理由を聞いて欲しい

 

 

 

だからとりあえず自分の話を聞いて欲しいという気持ちもあってあってママがその時怒らないと思う嘘をつきます。

ただ、これがあとあとさらにママを怒らせるのですが・・・(–;

 

 

 

・かっこ悪い自分は見せたくない

子どもにだって自尊心、プライドはあります。

対戦相手が強い、自分には敵わない、そんな時は他に理由をつけると自分のプライドは守られます。

たくさん走ってしんどいけど足を怪我ことにしておく。

体力が限界で走られないけれど周りにそんな姿を見せたくない。

けれど怪我だったら周りも交代しても納得するだろうし仕方が無いと思ってかっこ悪い自分を見られずに済む。

 

 

 

・それをする事が嫌

数学や英語なんかしたくも見たくもないんです、わけわかんないんです。

そんなことさせないでください。

出来ないものは出来ないし、説明不足で難しい言葉ばっかりでよくわからないし、第1そんな出来ないかっこ悪い自分見せたくないんです。

 

 

 

 

 

【細分化していくと7つぐらいある心理的原因】

 

 

・自分に自信がない

・虚栄心

・見られたくないことがある

・努力できない

etc・・・

 

 

明日以降は7つの心理的要因と嘘をつきだす原因についてご紹介していこうと思います(^^)

 

 

 

 

 

☆この記事が良かったら”いいね”や”ツイート”お願いします☆

▽奈良市の子ども英会話教室、HPはこちらをクリック▽

Facebook用ホームページバナー

Pocket


お問合せ、体験レッスンお申し込みはこちらから

070-5348-1193

新しいブログの更新を知りたい方は
Facebookページのいいねを押してください


ブログ村ランキングに参加しています。
最後にぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です