奈良市菖蒲池・西大寺・新大宮の英会話教室

アイリス英会話クラブ

お問い合わせはお気軽に

070-5348-1193

受付時間 : 平日10:00~21:00

高校生でもわかっていない!?たったこれだけで子供も理解できる一般動詞とbe動詞の違い、そしてbe動詞の正体。】


Hello!

奈良市菖蒲池の子ども英会話教室、Iris 英会話 ClubのTaishiです!

 

 

突然be動詞を理解して子供のテンションが上がる

 

 

 

先日のレッスン中の出来事

5、6年生になると文法についての話もするのですが

Iris 英会話 Clubの5、6年生クラスに通ってくれている女の子がレッスン中に突然

「be動詞ってそういうことなん!!ヘ(゚∀゚*)ノ」

という感じで理解が出来たことに喜んでくれました(^^)

 

 

 

 

 

英語の一般動詞は基本的は体の動作を表す言葉

 

 

 

“have”とか”see”とか”speak”とか”hear”

持つ、見る、話す、聞く

全部体のどこかを使っているんです

じゃあ”think”、「考える」は?

そう!

心!!もしくは脳!!

という感じです

 

 

 

 

 

be動詞は主役の言葉と説明する言葉をイコールにする英語の言葉

 

 

 

be動詞って主役がどんなものか、どんな性格か、どんな状態か説明するためのもの

例えば

この花=赤い

“This flower is red.”

「この花は赤いです。」

 

あの自転車=黄色い

“That bike is yellow.”

「あの自転車は黄色いです。」

 

私=駅の中にいる状態

“I am in the station.”

「私は駅の中にいます。」

 

佐藤圭一=パラリンピック日本代表のメンバー

“Keiichi Sato is a member of national team in Japan.”

「佐藤圭一君はパラリンピック日本代表メンバーです。」

 

中学生や高校生でもbe動詞ってなに?となる子が多いのでしっかり理解して使い方を気をつけてくださいね(^^)

 

151007

☆この記事が良かったら”いいね”や”ツイート”お願いします☆

▽奈良市菖蒲池、学園前、西大寺のIris英会話Clubのホームページはこちらをクリック▽

Facebook用ホームページバナー

 

体験レッスンお申し込みはこちら!

070-5348-1193

電話受付 : 平日10:00~21:00