奈良市菖蒲池・西大寺・新大宮の英会話教室

アイリス英会話クラブ

お問い合わせはお気軽に

070-5348-1193

受付時間 : 平日10:00~21:00

非認知能力の発達が21世紀の子どもの世界を変える。


9月に生まれた息子君、首が座ってきました。既に子どもの成長が早い!と感じています。

さて本題の数値に表すことができない才能。例えば、リーダーシップ、想像力、やり抜く力、諦めない心。

目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力。などなどたくさんあります。

これらをまとめて非認知能力と言ったりします。逆に学校の授業で数値化できるもの、IQで測れるものは認知能力と言います。

21世紀はこの非認知能力がとても重要な時代であると考えられています。

英語も大事だけど、もっと大事な非認知能力開発の試み

教育経済学で有名な2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンさん曰く、

まず最初に子どもの教育に国が政策としてお金を使うのであれば、就学前の乳幼児期がとても効果的がある。

そして幼少期に非認知的な能力をしっかり身につける事が、大人になった時に幸せをしっかり感じられたりや経済的な安定に繋がっていく。

上に示した事を「ペリー就学前プロジェクト」というアメリカで1960年代から
行なっている調査が行われており、今も引き続きされています。

将来の収入も多かったり、持ち家があったりと、非認知能力を伸ばす事がその子の人生を切り開く大きな手助けになります。

この非認知能力が最も育つ期間は小学校に入るまでの幼児期がとても効果的な時期だと一般的には言われているのですが。

しかし一応20歳まで伸ばす事は出来るので小中高生をお持ちのママも安心してくださいね。

ご家庭で出来る非認知能力の伸ばし方

1.「失敗を非難せず、チャンレンジした事を褒めたり次に生かすアドバイスをする」

2.「自制心を養う」先にお家の手伝いや宿題などやる事をやった後に遊ぶ。

「お風呂入る前は1個だけ食べていいよ!もしお風呂入った後だったらメロン3つ食べれるよ!」など自制心が必要な事を覚えさせる。

3.「ママ自身が適度な楽観主義になる」テストで悪い点を取ったのはたまたま調子が悪かったんだろう、といった様に考えるようにする。

今日ご紹介した「非認知能力」。この力を伸ばすポイントは子どもの頃の家庭教育が大きく関係しています。

適度な楽観主義と自主性を育てることはお子様の非認知能力を高め、将来しっかりと幸福感を感じられるようになり、社会で活躍できる人になる可能性が高くなります。

今後のご家庭での教育に、ぜひお役立てくださいね。

うちの息子君にも非認知能力しっかり伸ばしてあげたいと思います^^

体験レッスンお申し込みはこちら!

070-5348-1193

電話受付 : 平日10:00~21:00